フリーの録音ソフトで正しく音質設定する方法

歌ってみた等のミックスの際、録音形式(フォーマット)は【24bit/48kHz以上 モノラル WAV】でお願いしていますが、ソフトによってやり方が変わるので、ここでは各ソフト別に上記設定を正しく行う方法を紹介します。

注意事項

そもそも、録音するデバイス(機材)によって録音可能な最大音質は異なります。

たとえば配信者御用達のAG03の最大音質は24bit/192kHzです。

YAMAHA ( ヤマハ )  / AG03 配信用ミキサー オーディオインターフェイス

また、SteinbergのUR22mkIIは24bit/192kHz

STEINBERG ( スタインバーグ )  / UR22mkII オーディオインターフェイス 24bit/192kHz

最新機種のUR22Cでは32bit/192kHzに対応しています。

ただし、高音質で録音するとそれだけ処理に負荷がかかってクリップ/遅延したり、ファイルサイズが大きくなったりするので注意しましょう。

※オーディオインターフェースの設定も録音フォーマットに合わせておきましょう。

SoundEngine Freeでの音質設定

【録音】タブの「周波数」を48000(48k)に、「ビット」を24に、「チャンネル」を1(モノラル)にします(画像ではなぜか録音デバイスがFaceRigになってますが、ここはお使いのオーディオインターフェースを選択してください)。

そして、【再生】タブも同様に設定します。

これでWAV形式で保存すれば問題ありません。

Audacityでの録音設定

【編集】→【環境設定】 から環境設定ウィンドウを出し、左側のメニューから【品質】を選びます。そして、【サンプリング】を下のように設定して【OK】をクリックしてください。

この状態で録音して、【ファイル】→【書き出し】→【WAVとして書き出し】を選ぶのですが、この時、【フォーマットオプション】【エンコーディング】【Signed 24-bit PCM】にします。

※ちなみに、「Signed」というのは「符号付き」という意味で、符号付き24ビットであれば、マイナス記号が付いた-8,388,608 ~ 8,388,607の数値が記録できる、という意味です。参考:https://pspunch.com/pd/article/bit_depth/

まとめ

SoundEngine FreeとAudacity以外に定番のソフトがあったら教えて下さい!(わたしはMacは持っていないのでわかりません……)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です